不倫の慰謝料請求には条件がある!

不倫の慰謝料を請求したい場合の条件として、まず相手の名前をきちんと把握していること、不倫相手の住所か電話番号に勤務先のいずれかを把握できていること。パートナーや不倫相手は自分がしたことを認め、親密なメールもしくはラインのやり取り、ホテルや自宅へ出入りする等の証拠があれば弁護士に依頼をすることが可能です。

新着情報

複雑な慰謝料請求手続きは弁護士に依頼

慰謝料請求手続きは、口座で請求と電話や面談によって請求、文書で請求する方法と訴訟や調停などの裁判手続きで請求する方法があります。不倫の慰謝料請求は精神的や肉体的にも大きなダメージを与えます。そのため、こういった手続きは複雑かつできない場合があるので、手続きをする場合は弁護士へ依頼をするようにしましょう。

件数が多い弁護士への依頼内容TOP3

天秤
no.1

相続に関して

相続に関しての依頼が圧倒的に多いです。特に高齢化社会となった今、相続の内容として多いのは親の土地に関してです。中には相続放棄をしたいものもいる為、法律に関しての相談が圧倒的に増えています。他にも必用書類に関してのアドバイスも行っています。

no.2

離婚について

離婚を決意した際、子供がいる場合はお子様の真剣について決めたり、養育費に関してなど様々なこと決めたりしていきます。遺産相続や相続放棄に関しての相談も多く寄せられています。中には身内が暴力を振るってきた場合、その場合は慰謝料の請求も行われます。

no.3

消費者被害

高齢者の中で最近目立つのが消費者被害です。金融会社から身に覚えのない金額を請求された、家にセールスマンがやってきて強引に商品を交わされたなどのトラブルが多いです。お年寄りの金銭を狙った犯行が多いので、消費者被害は年々増加しています。

心身共にダメージを受けたら弁護士に慰謝料請求を代行してもらおう!

男女

弁護士に依頼した場合の慰謝料請求の流れ

交渉で和解や示談が出来なかった場合、裁判にて慰謝料を請求することが出来ます。裁判所へ訴状を提出し、訴訟の提起をします。訴状の中身は請求する慰謝料の金額や慰謝料を請求する根拠となる不倫や浮気の詳細を記載します。浮気相手が不倫を認めない場合、不貞行為があったことを裁判官に知らせるために、証拠を提出します。多くの場合は和解で解決することができ、請求に関しても書面や口頭によって請求することは可能です。

不倫されたなら慰謝料を請求すべし!

[PR]
交通事故を大阪の弁護士に相談!
プロが親身に対応してくれる!

慰謝料と損害賠償の違いとそれぞれの特徴

慰謝料とは

慰謝料とは、例えば夫が浮気や不倫をしたことで夫婦関係が破綻してしまった場合や配偶者が精神的なダメージを受けてしまった場合にそれを金銭に換算してその損害を償うためのものを慰謝料と言います。

損害賠償とは

損害賠償とは、違法な行為によって損害を受けたものに対して、その原因を作ったものが損害を埋め合わせることです。埋め合わせとして交付される金額や物品のことを指すともあります。損害賠償制度の目的は、損害の補填として違法行為の抑止があげられます。

税理士探しの強い味方☆

[PR]
医療ミスを弁護士に相談♪
最良の解決策を提案してくれる!

[PR]
離婚で弁護士に相談
不安を解消してもらえる

横浜で過払い金の請求

相続手続きを川越で進めよう

広告募集中